映画で一句!

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに完結『20世紀少年』3部作

<<   作成日時 : 2009/09/12 12:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

とにかく更新!書くことに意義があるのだ(かも)そんなわけで、ショートバージョンです。
観終ったあと、まず思ったのは「ついに終った」という感慨でありました『20世紀少年-最終章-ぼくらの旗』。
でも、映画としては、第一章、第二章の方がおもしろかったかなぁ。まっ、前作までを観ていて最終章を観ない人はそんなにいないでしょうから、3部作まとめて、日本映画でもこんなにスケールが大きい面白い作品できるのだなと、思えたことが嬉しかったです。
監督や原作者は物語後半のコンサートがクライマックスみたいなこと言ってたけど(主要製作陣は、ロック好きな方ばかり)、私にはピンと来ず残念。このシーンについては、好き嫌い分かれそうな気がしました。
私的には、やっぱり“ともだち”が、なぜ“ともだち”になったのかについての映画オリジナルの謎解きがけっこうよかったです。
拙句は、私がクライマックスだと思ったシーンから。巨大ロボットが登場して2017年の東京を暴走しまくるなか、
ともだちが再現したと思われる秘密基地を踏むまいとする姿に感動しての一句であります。

秘密基地守るごとくに昼の虫 磯ひよどり
〈季語は「昼の虫」(秋)〉


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました!といいながらどんだけ経ってからコメントしようとしてるのか・・・今頃ごめんなさい。10/1映画の日に観ましたよ〜。1.2部はテレビから取ったビデオをかなり大雑把に見ただけだったので、SFなのかオカルトなのかよくわからない映画というイメージしか持っていませんでした。でも最終章を映画館で観て、これは償い=オトシマエの物語だったのかな?と思いました。子供の頃の忘れてしまいたいちょっとした罪って誰にでもあるような気がしてどこか負の懐かしさが感じられ、オトシマエをつけないではいられなかった大人・ケンジの気持ちが理解できました。最終章だけしかきちんと観ていないのでほんの輪郭しかわかってないのですが、意外に深い作品なのではと感じた次第です。1,2部を復習しなくては。
ゆば
2009/10/23 23:08
ゆばさんコメントありがとうございます。
子供の頃の罪、私もあるような気がします。だから沁みたのかもしれません。
テレビ版の20世紀少年は残念ながら、私がいいなと思っていたシーンが削除されたりで、劇場版のほうがトータルでレベルが高いと思っております。もし機会ありましたらDVDなどで是非!!
磯ひよ
2009/10/26 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに完結『20世紀少年』3部作 映画で一句!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる